適切な運動時間

ダイエットをするためにスポーツジムを利用することは、健康を維持する上でも非常に大切なことです。しかし、本来の目的がジムに通うことになっていると、かえって結果を出しづらくなるでしょう。ついつい「運動したつもり」になりがちなのですが、集中するべきときは集中して運動をしなければ、痩せることは難しいのです。更に言えば、少しばかり筋トレや有酸素運動に励んだところで、ほとんど結果は変わりません。

仮に1週間に1回、1時間スポーツジムに居るとします。この場合、シャワーや入浴、あるいは着替えの時間を含めても、エクササイズに使える時間は30分が良いところです。これぐらいの時間では、せっかく体を温めたとしても、そこまでカロリー消費をすることは難しいと言っても良いでしょう。では、どうすれば効果的にスポーツジムを活用することができるでしょうか。ここで考えないといけないのは、ジムに通う頻度と運動時間です。筋トレは週に2回程度で問題ないですが、有酸素運動の頻度については、もう少し増やす方がおすすめです。同時に運動時間も増やしてみましょう。ウォーキングをゆっくり行う形でも問題ありません。

なかなか成果が出ない人は、運動時間に要因が隠れていることもあります。これを機に、タイムマネジメントを意識してみてはいかがでしょうか。

食事の管理

食事に関してセルフチェックを行ってみることも、科学的なダイエットのためには必要不可欠です。どんなにスポーツジムに通ってもなかなか上手く痩せることができない方は、食事の管理がおろそかになっている傾向にあります。実際に取り組んだ有酸素運動の時間について振り返ってみれば1時間以上になるのに、どうも成果が見えてこない、そんなことも多々あります。

当然ですが、ダイエットをしたいなら有酸素運動に取り組んでいかないといけません。これを抜きにしてカロリーを消費することなど考えても難しいですし、さすがに無謀です。とは言えども、ただ有酸素運動をすれば痩せるというものでもないですし、食事の方法が間違っていれば本末転倒です。仮に1時間有酸素運動に取り組んだとしても、この際に消費できるカロリーは400から500キロ程度でしかありません。しかし、ポテトチップスを食べただけで、約500キロカロリーも摂取することになるのです。これでは摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまい、肥満に繋がります。もちろん、スナック類以外の食べ物でも本質は同じです。

食事の管理は、私たちの想像以上に大切な役割を果たしています。だからこそ、本当に食事の管理が正しく行えているか、今一度振り返ってみましょう。

正しい筋トレの基本

科学的なダイエットを行いたいならば、まずは正しい筋トレを取り入れるように心掛けることが大切です。同じ筋トレでも、効果が出る人とそうでない人と結果が異なることは日常茶飯事。これは正しい筋トレにフォーカスを当てることができているかできていないかで決まると言っても過言ではありません。

ダイエットに取り組むのであれば、ただ筋肉を鍛えれば良いと言った考え方を卒業しましょう。我流での筋トレは、科学的なダイエットどころか、辛くて挫折しがちです。ハードな筋トレに励んでいるのに関わらず、鍛えるべき部位を鍛えていない、そのような結果にもなりかねません。筋トレを頑張れば筋肉痛になるのはごく当たり前の法則ですが、この現象が起こっていないのです。これでは筋肉に上手くアプローチができていないので、今一度筋トレの方法をチェックしてみる方が良いでしょう。また、筋トレに取り組む際は、どのパーツを鍛えているのかを自覚するようにしましょう。これだけのことでも、頑張っても頑張っても実らない無駄な努力は大幅に減るのです。

正しい筋トレにフォーカスを置けば、挫折の悪因を取り除くことができます。過去にトレーニングで三日坊主になった経験があるなら、ぜひ試してみましょう。

科学的なダイエット

今ではさまざまなダイエット方法が世に出ています。それだけ情報の取捨選択が難しいのが現状です。だからと言ってただ闇雲にダイエットに励めば良いというわけでもありません。これでは苦労の割に成果が見えづらいですし、せっかくの努力も水の泡になることは一目瞭然です。それよりも、科学的なダイエットとは何かについて考え、正しい方法を実践に移す方が理に適っています。

まず大切なのは、正しい筋トレの基本について知ることです。筋トレと言うと、ただ闇雲に身体を鍛えるようなイメージがありますが、それでは思っているような成果を期待することはできません。筋トレを行うのであれば、「どの筋肉を鍛えるために行うのか」について今一度認識をしておく必要があります。これを行えば、気になる筋肉を効果的に鍛えることができ、望んでいる結果に近付いていきます。次に、食事の管理もダイエットでは重要なファクターです。食事をすることでカロリーを摂取することになりますが、この摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなるのだけは避けるようにしましょう。摂取カロリーが過剰になると、せっかく運動をしても成果が出づらいですし、かえって肥満の要因になります。そして最後に、運動の時間を意識することも必要です。運動の方法が正しくても、運動に費やす時間が足りていなければ、やはりカロリー消費に繋がっていきません。

こちらのサイトでは、科学的なダイエットをいかにして行うかについて紹介。無駄な努力をカットし、正しい方法に則ってダイエットに励みましょう。